株式会社チクホー

ご挨拶

Greeting

代表あいさつ

高度経済成長が幕を開けた昭和31年、当社は福岡県久留米の地に設立しました。以来60余年、多くのお客様に支えられながら、長距離輸送のパイオニアとして、一貫して物流業務に専念してまいりました。特に家具製品や工業製品については数々の専用車等を開発し、効率的な輸送については定評を頂いております。
近年は、若い人が年々減少していく一方で、企業の社会的責任は更に強く求められています。その中で物流業はますます重要になってきているのではないでしょうか。私たちはこれからの物流業者は、まずお客様に対しては安心して荷物を預けて頂ける企業であること、それと同時に従業員に対しては、安心して長く勤めていただける会社であるべきだと考えています。
これを両立して行くために、当社は「安全品質」「法令順守」「提案型企業」そして、「明るい元気な職場」をキーワードとして、新人教育などに積極的に取り組んでいます。
「最適システム」「最適ハードウェア」に加えて、きめ細やかな安全教育を通じて「安全なドライバーを提供すること」が、お客様への物流ソリューションだと考えています。

安全宣言と
安全運輸マネジメント

一、輸送の安全に関する基本的な方針

* 安全宣言 *

1

わが社は、公道を利用して業務を遂行するものとしての社会的責任を自覚し、安全運転はもちろん、

事故撲滅について、最優先で取り組みます。

2

わが社は、大型トラックを運転するものとしてのプライドを持ち、交通法規遵守はもちろん、

弱者に配慮した優しい運転を心がけます。

3

わが社は、従業員やその家族、そして地域社会の幸福を追求し、交通事故はもちろん、労災事故等、

一切の事故のない安全な職場づくりに邁進します。

4

わが社は、確実な安全意識を持つための教育、啓蒙活動を怠らず、

従業員一丸となって無事故無災害に取り組みます。

二、輸送の安全に関する目標及びその達成状況

目標

・交通事故・労災事故ゼロ
・安全性優良事業所(Gマーク)認定 全営業所取得及び継続

達成状況(交通事故は路上かつ加害のみ)

・31年度 1件 / H30年度 5件
本社営業所  … 0件 / (4件)
大川営業所  … 1件 / (1件)
南九州営業所 … 0件 / (0件)
天草営業所  … 0件 / (0件)
関西営業所  … 0件 / (0件)

Gマーク取得状況

・R2年3月31日現在
本社営業所  … 継続
大川営業所  … 継続
南九州営業所 … 継続
天草営業所  … 継続
関西営業所  … 継続

三、自動車事故報告規則第2条に規定する事故(重大事故)に関する統計

・重大事故  0件
・死亡事故  0件

安全宣言と安全運輸マネジメント

安全教育

先輩ドライバーによる実技指導(OJT)や、専任講師による隔月の安全教育(座学)、外部研修機関による高度専門教育 etc..充実した万全の体制で安全教育を実施しています。入社時は勿論、2年に1回運転適性診断を全乗務員受講。運転適性や性格・運転能力を再度確認し、安全運転に役立てております。

先進安全装置の積極的導入

デジタルタコグラフ、バックアイモニターを含む全方位録画、衝突軽減ブレーキ、デジタコ一体型のドライブレコーダー(全車装備)等の先進安全装置をチクホーでは積極的に導入しています。
アルコール検知器及びiPhone支給
また、長距離ドライバーには、全員にiPhoneを支給し遠隔地でもアルコールチェックを実施し、飲酒運転の根絶に取り組んでいます。

社内監査制度

貨物自動車運送事業法、トラック運転者の労働時間等の改善基準、労働基準法など運送会社に於ける関連法を熟知した専門家による厳しい社内監査を毎月実施しコンプライアンスの徹底を図っております。

表彰

チクホーの安全活動が認められて、福岡県警察本部長より表彰状を頂きました。これは、年間の無事故安全活動に対する表彰で最高の賞です。この名誉を汚さない様に、今後もチクホーでは、安全無事故運動に取り組んでいきます。

全営業所でGマーク取得

Gマークとは、公益社団法人全日本トラック協会が推進する交通安全対策などへの事業所単位での取り組みを評価し、一定の基準をクリアした事業所を認定する「安全性優良事業所」の認定制度のシンボルマークです。
この安全性の証し『Gマーク』を、弊社では全5営業所で取得しています。
※ 安全性優良事業所の表彰も受けております。

全営業所でGマーク取得

グリーン経営

グリーン経営(環境負荷の少ない事業運営)は、環境改善に向けた自主的で継続的な環境保全活動を行う事業所に対する公的な認証マークです。
チクホーでは2007(平成19年)年よりグリーン経営認証を受けており、10年以上の継続更新達成の際に永年表彰を頂きました。
チクホーのトラックに貼ってあるのは、そのゴールド認証マークです。

グリーン経営ゴールド認証マーク

チクホーの歩み

History

創業

1928年(昭和3年)

福岡県久留米市東櫛原町に村田貨物自動車部を設立創業

福岡県にてトラック事業を最初に興したのは、どこの誰であったか明確な資料は見当たらない。福岡県史史料などを通覧してみると1918年(大正7年)に門司市(当時)運送業の会社設立があった。
そして、1920年(大正9年)には、博多ー二日市ー甘木間にトラックの定期便が運行開始という記録がある。そんなトラック運送会社創成期頃から僅か後に、チクホーの前身『村田貨物自動車部』は創業した。

創業

そして、戦時体制下へ

戦時要請による輸送力の確保と企業基盤の強化を狙った自動車交通事業法の改正が行われた。
1941年(昭和16年)第1次企業統合令により、『久留米トラック有限会社』となる。
原田什蔵、村田定太郎、中島光男、別府一の各氏経営の事業が、『久留米トラック有限会社』に集約される。

1944年(昭和19年)第2次企業統合令により、『筑邦貨物自動車株式会社』となる。
一地区一事業となり久留米市の運送事業者は『筑邦貨物自動車株式会社』に集約される。
これにより、福岡県下の運送会社は11社に集約された。

分離独立

1956年(昭和31年)12月 資本金300万円にて『筑邦貨物有限会社』として分離独立。
敗戦後、戦時統合会社は解体されていく。
筑邦貨物自動車は、その中核的存在であった二又茂登氏が昭和26年に久留米運送(株)を設立し分離しその主流を引き継いだ。
ただ、筑邦貨物自動車(株)の名は昭和31年まで残り、統合前あった会社を含め、城島貨物自動車、筑邦トラック、筑邦貨物自動車運送、西日本運送、井出運送として再生した。

マンモス 5号車

マンモス 5号車

東京高速陸運設立

ブリヂストンタイヤ横浜工場の要望により、横浜市戸塚区舞岡町に
1964年(昭和39年)6月 『筑邦貨物有限会社 横浜連絡所』を設立
1965年(昭和40年)5月  資本金800万円にて『高速陸運株式会社』を設立
1966年(昭和41年)12月 資本金500万円にて『東京高速陸運株式会社』を設立

チクホーへ

1991年(平成3年)1月 社名を『筑邦貨物有限会社』から『株式会社チクホー』へ変更
資本金を3000万円に増資し、有限会社を株式会社とする。
現在チクホーのキャラクター『いの吉くん』を商標登録する。

いの吉くん

いの吉くん

さらなる飛躍へ

業務拡張の為、大川営業所を中八院へ移転

業務拡張の為、大川営業所を中八院へ移転